タウンメイト

注文住宅・デザイン住宅の工務店/高槻市・北摂エリア

HOME > ブログ > 【家づくりを考えるブログ】アプリを使った間取りシミュレーションにハマると危険?何から始めるべき?基本的な流れや失敗談をご紹介。

【家づくりを考えるブログ】アプリを使った間取りシミュレーションにハマると危険?何から始めるべき?基本的な流れや失敗談をご紹介。

2022-01-09

こんにちは。

R+house高槻の日高です。

※R+house高槻は、北摂エリアでアトリエ建築家と共に「誰もが憧れるデザインで高性能(高気密・高断熱・高耐久)な住宅」を建築しています。

 

先日お休みの日に、三重に住む友人の家づくり相談に乗ってきました。

職業柄しばしば友人の家づくり相談に乗ることがありますが、ポイントをピックアップして簡単にご紹介します。

 

分譲住宅を購入するか、注文住宅を建築するか決める

分譲住宅とは

いわゆる建売住宅のこと。

土地と建物がセットで購入でき、既に建っているので値段も決まっています。

住宅にそこまでこだわりなく、とにかく初期費用を抑えたい方におすすめ。

ただし間取りやデザインの変更は出来ず、こだわりたい方には向きません。

 

注文住宅とは

土地を選んで、その土地に合わせて1から設計して建てていくオーダーメイド住宅。

自分たちのこだわりやライフスタイルに合わせた住宅をデザインすることができます。

住宅は家族の暮らしを豊かにする価値があると感じ、こだわりたい方におすすめ。

 

土地だけ先に買わない(注文住宅の場合)

これだけはやめるべきだと声を大にして言いたいのが「土地を先に買って住宅会社に行く」こと。

土地だけを先に買うことのリスクは大きく以下の通り。

・土地に予算をかけすぎて建物の予算が組めない

・買った土地に実は自分たちの思っていた住宅が建たない

・住宅を建てるための土地の追加工事費用が後から発生する

まず皆様にやってほしいことは「自分たちの家を建てる会社を決めて、その会社と共に土地選びをする」ことです。

 

家の品質を判断するための知識をつける

車にも品質や性能があるように、住宅にも品質や性能があります。

車の性能で何が変わるかというと、皆様がよく意識されるのは「燃費」ではないでしょうか。

原油価格の高騰により、初期投資以上にランニングコストで得するという価値観が浸透してからは、

プリウスなど低燃費車が爆発的に売れ、今や燃費を気にすることは当たり前になりました。

 

住宅の品質や性能で変わること

・光熱費

電気価格の高騰により、住宅に対する燃費意識も当たり前になってきましたね。

・快適性

「夏暑くて、冬寒い」せっかくの新築でこんな思いをしたくありませんね。

・健康

日本の住宅で大きな問題となっている「ヒートショック」での死亡事故を防ぎます。

劣悪な温度環境は子供の学力に悪い影響を及ぼすという研究結果も出ていますよ。

環境で子供の人生が左右されるので、せめて自分の子には良い環境を整えてあげたいと思います。

・耐久性

地震への強さや、住宅の寿命に差が出ます。

車に車検があるのと同じように住宅にもメンテナンスが必要です。

安全性や将来の費用も見越して住宅を建てたいですね。

どうやってこれらの品質を見極めるのかは、到底ブログに書き切れる内容ではございません。

こちらの賢い家づくり勉強会では詳細をお伝えしております。

住宅購入で失敗したくないとお考えの方はぜひお越しになられてみてください。

 

予算決めは「住宅のプロ」と共に行う

例えば4000万で住宅を建てた人(Aさん)と4500万で住宅を建てた人(Bさん)がいたとします。

同じ土地金額、同じ金利だとして、月々の支払いをみてみましょう。

 

Aさん(4000万円)

住宅ローン…10.3万円

光熱費…2.1万円

合計…12.3万円

 

Bさん(4500万円)

住宅ローン…11.4万円

光熱費…0.9万円

合計…12.3万円

 

もしこうなることが分かっていたら、Aさんは予算を4000万としたでしょうか?

こんなことが起きるのが住宅購入の怖いところです。

ですから「保険屋さんのFP」ではなく「お金の知識を持った住宅のプロ」と共に、

光熱費や住宅のメンテナンスコスト、固定資産税まで含めたライフプランをしながら、

ご自身の予算を決められた方がいいのではないかといつもアドバイスを送っています。

 

この「保険屋さんのFP」で予算を決める友人がとにかく多いです。

保険商品選びの時と、住宅購入の時ではFPの目的もやり方も違いますのでお気をつけ下さい。

この話を聞き一緒に勉強した友人は素敵な住宅を建ててくれていて、

いつも地元の福岡に帰った時は、お邪魔させてもらうのが楽しみです。

 

実際にあった失敗談

余談ですが、、

同じように保険屋さんのFPをしてから紹介された不動産屋さんから土地を先に買って、

そこまで進んで初めて私に相談してこられた時は、どうにもしてあげられませんでした。

すでに土地決済が終わりローン支払いは始まっているので残りの金額内でしか住宅は建てられず、

諸経費や建築のための追加工事費も相まって、自分たちの理想の家は手に入らない…。

決して保険屋さんも不動産屋さんも悪いことをされたわけではないんです。

ただ、ちょっとしたことのかけ違いでこうなってしまいます。

 

間取りを自分で考えすぎるのは危険

最近は間取りシミュレーションアプリも沢山あるので、自分たちの理想の間取りを作り込み

「建築会社にその通り建ててもらいたい!」と意気込む方も多いのですが…

 

実はこれも失敗が多いパターンです。

住宅設計は法規制や耐震強度、周辺環境とのバランスや生活動線のデザインなど様々な要素が絡み合っています。

本来は皆様が持つ「こんな暮らしがしたい」「こんな空間で過ごしたい」をカタチにするのが設計士の仕事です。

自分たちで考えるカタチを全てそのまま鵜呑みにされるのは逆に危険だと考えた方が、いい暮らしになります。

もちろん、間取りシミュレーションアプリは生活イメージが持てる良いものです。

ハマりすぎて「自分で決める以外いやだ!」とならぬよう、夢を膨らませる程度の使い方をおすすめします。

 

まとめ

ざっくりした注文住宅の購入の流れは以下のようになっていきます。

住宅知識をつける(好みの住宅を絞る)→予算決め→住宅会社の決定→土地購入→設計打ち合わせ…

それぞれ注意するポイントはありますが、まずは気になる住宅会社へ行き相談することが一番だと思います。

 

結局どんな買い物でも分からないことはスタッフさんのアドバイスを求めるのが一番だと思い、自分もそうしています。

その上で自分に合うものを判断する知識は大切なので、気になる方はこちらの勉強会にお越しください。

まず住宅を見てみたい、個別で相談したいという方はモデルハウスでお待ちしております。

 


北摂エリア(高槻市・島本町)で注文住宅・建築家住宅を建てる

R+house 高槻のHPはこちら

https://rplus-townmate.jp/

「後悔しないための賢い家づくり勉強会」の参加はこちら

https://rplus-townmate.jp/seminar/22761

モデルハウス見学はこちら

https://rplus-townmate.jp/category/event

施工事例はこちら

https://rplus-townmate.jp/gallery

TEL : 0120-919-954

[営業所] 大阪府高槻市松が丘1丁目1-7  [定休日] 毎週水曜日 [営業時間] 10:00~20:00

Copyright © TOWNMATE. All Rights Reserved.