標準仕様

高い耐震性能R+houseでは高い耐震性能、高気密高断熱の家づくりを基本に、設備・仕様についても快適性、高いデザイン性、サスティナブル性(メンテナンスを行うことで永続的に使用可能な性質)をテーマに厳選しております。

高耐震高耐震

R+houseでは在来の木造軸組工法に加えて、耐力面材「R+houseパネル」を使用しております。建物全体を「木造モノコック」という面で 支えることで、高い耐震性を低価格で実現しました。また、全ての建物において長期優良住宅で求められる耐震等級2以上の耐震性を確保しております。

高気密高断熱

高気密高断熱 ~高断熱は生命を守るため~
かつて日本の家づくりでは、各部屋を空調する考えが主流でした。しかしこの方法では、部屋から部屋に移動する際に急激な温度変化によって心肺停止などの状 態になる「ヒートショック」が起きやすい環境となります。家づくりにおいて断熱を疎かにするということは、「生命」を疎かにするということ。高断熱は家づ くりの最低条件だと考えます。

~換気のための高気密~
しっかりとした気密化を行い、任意の空気の出入口を定めることで、どの全室、そして基礎の内部まで淀まず換気することが可能になります。
そして正しく気密・換気された家は壁体内結露を防ぎ、躯体を湿気や白蟻から守り、住宅の寿命を延ばすことができます。

自然素材

自然素材本物の素材は適切なメンテナンスを行うことで長く使うことができるサスティナブルなものです。
一方、サイディングや木目調シート張りの床やドアなどに代表される新建材は、最初は綺麗ですが時とともに経年劣化していき、古くなったら交換が必要になるものも多くあります。

家は長くつかうもの。

R+houseではきちんと手入れすることで永続的に使用できる素材=自然素材にこだわります。

品質

品質工事期間中の検査には、大きく3種類あります。

まずは、法定検査と瑕疵保険にもとづく検査。この2つは義務化された検査で、第3者の目で工事内容をチェックされるごく当たり前の検査です。もうひとつが自社検査、これはR+houseが独自に行なう検査となります。

独自で定めた基準をもとに、この自社検査を工事期間中に4回行なうことで、住まいの品質を守るようにしています。工事期間中の検査以外にも、着工前に行なう設計・工事部による図面の検査、設計部によるデザインの検証、断熱・気密性能を確認するための気密測定、お施主様との現場打合せによる施工状況確認などを行ない、品質・性能・デザインの全ての側面からお客様の立場にたって、徹底した検査・検証を行っております。

一見当たり前のように思われるかもしれませんが、この地道な日々の積み重ねがあるからこそ、1棟1棟がフルオーダーの注文住宅でお客様に満足を頂いているのです。

常にお客様の視点とプロの視点から検査を行なう取り組みをR+houseは怠りません。

保証

保証10年瑕疵保証や地盤保証のほか、お客様の住まいの情報をデータ化し、定期訪問やアフターサービスのお役に立てています。

R+houseは、自分たちが創った家を大切に思っています。ですから、特別なことがなくても、半年、1年、2年の定期訪問でお住まいの点検をさせていただきます。その折には、お子様の成長に応じて使いにくいところはないだろうか?といったところまで配慮しながら点検を行います。

また、R+houseは、お客様の家歴をすべてデータベース化していることで、これまでのメンテナンス履歴などをスタッフの誰が見てもわかるようにしております。

アフター訪問の際には、そのデータを基にお役に立てそうな情報などをお持ちし、ご家族の成長に合わせたよりよい住まい方のご提案などを行いながら信頼関係を築いてまいります。

瑕疵担保保証とアフターメンテについてはこちら

 

お問合せ